体臭とは、人体から発せられるニオイのことです。それが気になるときに、人は悩みます。暑くなる季節には、体臭を察する人は増えることでしょう。しかし、客観的に自分の臭いを確かめるのはなかなか難しいものです。匂いを気にしすぎることで、日常生活に妨げことをきたすことさえあります。

体臭の発生原因について説明します。
汗が原因の体臭
最も多いのが発汗時の臭いですが、実は汗自体に臭いがあるのではなく、汗と皮脂が混ざり合って雑菌が繁殖し、その過程でニオイを発する物質が遊離されることが判っています。またストレスなどが溜まるとそれが原因で皮脂の分泌量が増加することが判っており、その過剰の皮脂が酸化してニオイを発するようになります。

食事が原因の体臭
体臭は食事が原因であることもよく知られています。
われら日本人が昔から好んできた和食は、魚、野菜、豆類を主体としたものでした。しかし第二次世界大戦、飲食の欧米化が推進するとともに和食にとって代わって肉類中心の食事が多くなり、これがもとで体臭に悩む人が増えてきたと言われています。

加齢が原因の体臭
人間は四十代になるから皮脂中の脂肪が増えてきます。この脂肪が酸化や分解により変性すると特有の匂いを発するようになります。

病気が原因の体臭
便秘になると体内に便が蓄積され、アンモニア等の毒素を産生するようになります。その毒素は血液中に吸収され、汗をかいた時に同時に体外に排出されて臭うようになります。また便秘が酷くなると身体は毒素を体外に出そうとして口臭も酷くなります。その他、腎臓病や糖尿病を患うと、特有の臭いがするようになります。

体臭の治療
体臭はまだ症例が少なくとても珍しい病気のため、根本的な治療法は確立されていません。しかし、日常の食事に気を付けることで臭いの元であるトリメチルアミンの発生を防ぐことは可能です。ポイントは、トリメチルアミンになる前段階の物質と言えるコリン、レシチン、トリメチルアミンオキシドなどを多く含む食べ物の摂取を抑えることです。

以下が、その具体的な食品例です。
コリンを多く含む食品
卵や肉類(ベーコンなどの加工肉やレバーなどの内臓系)、豆類(ナッツや大豆、インゲンなど)、 アブラナ科の野菜(芽キャベツ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなど)など。
レシチンを多く含む食品
卵黄や大豆、ごま油、コーン油、小魚やウナギなど。また、レシチンを含んだサプリメントなども避けた方が良いでしょう。
トリメチルアミンオキシドを多く含む食品

魚貝類(イカやタコなどの頭足類、エビやカニなどの甲殻類など)。しかし、カツオやサケ、マグロ、川魚などの淡水魚は、トリメチルアミンオキシドの量が少ないと言われています。

暑くなる季節には、体臭の他に、性病もおろそかにしてはならないでしょう。

オススメ:性病・感染症薬通販|クラミジア|淋病STD治療

レボフロックス

クラビット

アジー

アジー